『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』 森 功 (講談社) 

15才の時に見た「網走番外地」に始まり、「夜叉」まで高倉健の演ずる
ヤクザ映画の大ファンです。
その高倉が死に3年が過ぎ、この本が出版された。
今更と思いつつリクエストしたが、思いの外面白い!!
高倉の謎めいた私生活やその死、そして戦後の裏面史が高倉を通じて語られている。
 (60代 男性)        
 『これはしない、あれはする』 小林 照子 (サンマーク出版) 

80代の過ぎても美容界で元気に活躍している著者の生き方には
学ぶべき点が多々あり、さっそく毎日の生活に取り入れていきたい。
 (70代 女性)
 『筋読み』 田村 和大 (宝島社)

警察小説なのだか「DNA」の話が多く、サイエンスノベル。
このミス受賞作。今後の作品に期待したい。
 (30代・女性)
『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』 津川 有介  (東洋経済新報社)

〇〇を食べると「健康」に良い、という宣伝文句が多い中で、
科学的根拠に基づいた究極の食事
 (70代・女性) 
 おすすめ本バックナンバー   1 ... ... ... ... 6 7
TOP

 図書館では、入り口の新着本コーナー横におすすめ本掲示板を設置し、利用者のみなさんのおすすめ本情報を紹介しています。 あなたのおすすめ本は、どんな本ですか?