SSL3.0の脆弱性への対応について

インターネット通信の安全を確保するための暗号化方式であるSSL3.0の脆弱性について、
独立行政法人情報処理推進機構から注意喚起がされています。

これを受けて下田市立図書館では、個人情報保護及び閲覧環境の安全確保のため、12/1よりSSL3.0方式での通信を停止いたしました。
これにより、一部の携帯電話やパソコンの古いバージョンのブラウザなどから、図書館ホームページのご利用ができなくなる場合がありますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、SSL3.0の次世代通信方式であるTLSでは通信が可能です。パソコンについては多くの場合、
ご利用のブラウザの設定においてTLSの使用を選択することで、引き続き図書館ホームページの閲覧が可能になります。

○パソコンや携帯電話の設定詳細につきましては、各社サポート窓口などにお問い合わせください。

○SSL3.0の脆弱性については、次の関連リンクでご確認ください。

 独立行政法人情報処理推進機構SSL3.0の脆弱性について
TOP